職人洗車やってます!!!

2015年11月9日

BMW320
皆様こんにちは!カーケアジャパン祖師谷ファクトリーです。

今回は「職人洗車フルコース」でご入庫のBMW320iのご紹介です。

「職人洗車」とは…?

カーケアジャパン祖師谷ファクトリーのファクトリーメニューの一番人気メニューがこの「職人洗車」です。

内容はといいますと↓

① 弊社出張洗車サービスでも行っております精密な細かな部分までのシャンプー洗車にプラスして更に突っ込んだ部分までも汚れを落とします。

② なんと!整備士歴○十年の平賀工場長による愛車の健康診断とも言われる点検整備付き!しかも点検しながら洗ってしまうという!!

③ オプションメニューで最新のボディーコーティング「シールド・エクステリアプロテクション」もご用意!!

要は・・人間で言うと「人間ドックに行ってエステもやっちゃった!」感じですね!!

それでは職人による作業の全てをご覧下さい!!

カルテ

まずはボディーの状態をチェックしながらカルテに記入します。

この場合、お時間が許されるお客様は立会いにて記入いたします。

BMW320シャンプー洗車

作業工程に移ります。ボディーの状態を確認しながら念入りにオートグリム専用シャンプーを独自にボディー状態に合わせ配合したシャンプーで汚れを落とします。ちなみにこのお車は一見良い状態に見えますが以前に施工したコーティングが熱により変形を起こし艶がムラになっているのと、ウォータースポットのシミが進行した状態でした。

☆ここで以前に施工した車両の写真をご紹介します。

E46スポイラー隙間汚れ

エアロパーツなどの隙間です、どうしても汚れが取れないんですよね。部品を取り外せる場所ならば取り外してしまいますが、シール剤や両面テープなどが施され取り外しにコストがかかってしまうなどの場合に地味な生活の知恵できれいにします。

E46スポイラースチームクリーン

カーケアジャパンで大活躍のスチームクリーナーの登場です!

E46スポイラー仕上げ後

残った水分などをエアーブローなど駆使して完全に取り除き完成です。

 

☆それでは320iの作業の続きをどうぞ!!

BMW320粘土クリーナ

続いて、専用の粘土クリーナーにて鉄粉や古いワックス層を除去していきます。

ここでも強く擦りすぎるとかえって塗膜を痛めるので優しく確実に行います。

BMW320粘土終了時

粘土クリーナーが終わったあとに水をかけると、画像のように弾かずに「ベタっ」ってなってしまいます。古いワックス層が落ちて地肌に近い状態になったことが伺えますね。

BMW320マスキング

今回はフルコースということでオプションメニューの「オートグリムシールドエクステリアシャインコーティング」作業のご依頼なので、水洗い工程が終了してから、各隙間に残った水分をエアーブローしながらマイクロファイバーで完全に水気を取り除き、肝心のポリッシング工程のためにマスキング工程に移ります。

これはポリッシャーが当たってはいけない部分や、研磨剤の粉が入ってはいけない所などの保護のために行います。午前中から始めた作業もこの工程までで既に日は西に傾いている時間でした。下準備に時間が掛かるのですね…。

BMW320ポリッシャー

BMW320ポリッシャー②

平賀工場長の手馴れた手つきでポリッシングが始まりました。このポリッシング作業には、オートグリム「ペイントプロ」が使用され確実にクリア層に残るキズを除去しながら塗装面を均一に研磨していく作業となります。

ポリッシングマシーンの回転数を微妙にコントロールしながら入念に作業していきます。

この時既に夜です…・。

BMW320コーティング剤

ボディー表面の研磨が終わり、さらに表面にコーティング剤が密着しやすいように脱脂作業を行ってからいよいよ「シールド・エクステリア・プロテクション」の塗りこみです。

こちらの「シールド・エクステリア・プロテクション」は従来のガラス系コーティング剤とは違い、カーボン系皮膜により形成されます。特徴はガラス系に比べて柔軟性に長けており、気温や環境によりボディーは膨張と収縮を繰り返します。柔軟性に長けるという事は、このような状況にも順応しコーティングの効力を維持することができるということです。

BMW320最終ふき上げ

コーティング剤の塗布が終わるとコーティング層の膜の均一性を図るために特殊なファイバークロスで慣らしていきます。

このときにボディー各部分へ各方向より数色のライト(シロ系・日光系など)をあてて光沢の加減も確認しながら仕上げ作業を行います。

施工が終わったら温度を測定し一定時間乾燥工程に移ります。

 

 

 

 

 

BMW320タイヤハウス内

この乾燥時間の間に、車体をジャッキアップしタイヤを外して各部の点検作業に入ります。

コーティングしたばかりのボディーを触ってしまったら「アウト!」ではないかと筆者が心配しましたが、帰ってきた答えは「普段の整備でもボディーに手をつくことは無いからね。」でした。なるほど・・・・。

この点検ではブレーキパットの残量やサスペンション関係、マフラーなどのシャシー関係に装着されている部品をチェックします。

また、お客様の使用状況に合わせて交換が必要かなどを診断します。チェックするにも汚れていては確実な点検もできませんし、せっかく外したなら普段は洗浄できないこのような部分もきれいにしてしまうのが「職人洗車」です。熟練の整備士が行う洗車なので、たとえば水をかけてはいけない部分や、外してはいけない部分もも熟知しているのでご安心ください。

BMW320タイヤハウス仕上げ後

点検が一通り終わり、各部の洗浄作業も行いワックスをかけて仕上げます。

BMW320エンジンルーム仕上げ

エンジンルームもエアクリーナーなども必要に応じて交換や清掃を行います。

各部ハーネスなどのチェックも行いながら確実に清掃を行いワックスがけも行います。

 

BMW320ホイール裏側入庫時

ここで普段はお目にかかれないホイールの裏側をご覧ください。

ブレーキダストで汚れて元の色が解らない状態ですね、せっかく外したのでここも清掃します、

BMW320ホイール裏側仕上げ後

実はシロだったんですね。この状態からさらにワックスをかけて仕上げいていきます。

このホイールを装着したときにスポークの隙間からきれいな内側が見えるのはかなり印象が違います。皆様に体験していただきたいでね。

BMW320ホイール入庫時

当然、ホイールの表面も汚れを除去し、ワックスを掛けて仕上げます。

BMW320ホイール表仕上げ

完成したホイールを整備が終わった車体に装着します。

 

室内もオートグリム「シールドインテリアシャイン」でコーティング!

コーティング前には外せるものは外して入念に清掃を施しております!

BMW320室内入庫時

 

 

BMW320ボディー面入庫時

こちらが入庫時のボディー表面、ちょっとわかりづらいですが・・。

BMW320ボディー面終了時

こちらが終了時、LEDライトの映り込みが違いますね!!

BMW320仕上がり外見

 職人洗車メニュー(改定2151130)開示用

詳しいメニューは、ファクトリー直通ダイヤル(下記)にご連絡ください。

住所: Head Office 世田谷区祖師谷6-19-20

TEL: 03-6411-2959

FAX: 03-6411-2958

定休日: 不定休

営業時間: 10:00~19:00

住所: 世田谷区祖師谷6-19-20
TEL: 03-6411-2959
FAX: 03-6411-2958
定休日: 不定休
営業時間: 10:00~19:00

タグ: , , , , , ,